未分類

医療費を支払いました。この医療費にかかる所得税に関して教えてください。

医療費控除は、納税者自身や自身と生計をひとつにする配偶者、その他の親族に対する医療費の支払いを行った時に、一定の金額の所得控除の適用を受けることをいいます。
この控除の適用対象になるための要件は、下記の2つです。
1. 納税者が、自分や自分と生計を一つにする配偶者・その他の親族に対して支払った費用であること
2. 当該年の1月1日~12月31日までの期間内に支払った費用であること

医療費控除の適用対象になる金額は、以下の計算式による金額です。
*最高2,000,000円までとなります。

(実際に支払った医療費の合計‐下記1の額数)‐下記2の額数

1.保険の契約などからの補てん金:保険金などで補填される額数は、その給付の目的である医療費の額数を限度にして引くので、引ききれない額数が発生しても他の医療費から引くことができません。
2.100,000円:当該年の総所得金額などが2,000,000円を超えない人は、その総所得金額などの5分相当の金額となります。

この控除を受けるためには、確定申告所に医療費控除に関わる事項を記してください。
この場合、医療費の支出を証明する書類に関しては、確定申告書を提出する時に提示するか、確定申告書に添付してください。
給与所得者である人は、この他にも給与所得の源泉徴収票を添えることが必要です。

関連記事

  1. 介護保険制度での居住サービスの中で、医療費控除の対象に含まれるも…
  2. 保護保険制度による施設サービスの中で、医療費控除が受けられるもの…
  3. 医療費の中で、医療に控除の適用が受けられるものを教えてください。…
  4. 出産費用の中で医療費控除の適用が可能なものにはどのようなものがあ…
  5. 入院費用の中で、医療費控除が受けられるものはどのようなものがある…
  6. 歯の治療費の中で医療費控除の適用が可能になる具体例を教えてくださ…

おすすめ記事

  1. 歯の治療費の中で医療費控除の適用が可能になる具体例を教えてください。
  2. 医療費の中で、医療に控除の適用が受けられるものを教えてください。
  3. 入院費用の中で、医療費控除が受けられるものはどのようなものがあるのでしょうか。
  4. 介護保険制度での居住サービスの中で、医療費控除の対象に含まれるものはどのようなものがあるのでしょうか。
PAGE TOP